一口に不倫モノと言っても作品の傾向はバラバラで、不倫そのものを中心に置いているものもあれば、物語の隠し味として使っているものも多い。例えば、1991年に放送され大ヒットした『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)のヒロインだった赤名リカ(鈴木保奈美)は、主人公の男性と恋愛する前は上司と不倫関係にあった。先進的な女性(もしくは、先進的な人間と思いこみたい女性)ほど、同世代の男が子どもに見えて、大人の男性と恋愛関係になるというイメージがあるのかもしれない。これが学園ドラマだと教師と付き合う女子生徒の恋愛となる。

つまり、エロティックなイケメンドラマとして需要されているのだが、これは、冷静に考えればある程度当然のことだろう。

来到松子的破烂小屋后,阿笙被她的生存状态吸引,并通过父亲、警察、邻居等人的口,从侧面向观众告知了松子的一生。

她是李赛凤,是20世纪80年代到90年代的头号女打星。李赛凤也是学舞蹈出道的,这让她的身材曲线非常完美,身段柔软,完全能胜任打星所必须做出的一些高难度动作,再加上让人惊艳的身段,那丰满的双峰加上修长的美腿,看她的打戏实在是一种享受。15岁的时候李赛凤凭借着《大地恩情》中的杨亚满一角出道。1984年李赛凤领衔主演动作剧《醉拳王无忌》,奠定了在电视台当家花旦的地位。1986年李赛凤领衔主演金庸武侠剧《越女剑》,之后与电视台解约向影圈发展。1987年开始拍摄了电影《天使行动》系列。1992年主演动作片《92霸王花与霸王花》。1995年主演电影《小鬼奇兵》后淡出演艺圈,而致力于推广舞蹈艺术。

回到家乡的海滨小城,在剧院看电影的英熙碰到旧友,果然,她和导演的婚外情在国内早就传得沸沸扬扬。

その意味で、大人の女性の仕事と恋愛を描こうとすると、不倫というモチーフがどうしても入り込んでしまうという側面があるのかもしれない。

在身为非正规雇佣(员工)的男女逐渐增加的情况下,就连普通的恋爱结婚也在渐渐变难。在这样的社会中,能够发生不伦的男人相应地拥有一定的社会地位以及事业成功,这是一种默认的前提。而与这样的男人不伦的女性中,贪图男性金钱及社会地位的年轻女性的例子居多,就算本人(发生不伦时)并没有那样的想法,但在世人眼里就是会被这么看。

十姑娘虽然不像她九哥生来就带着帝王相的白色胎盘,能倍受老爹宠爱,但照样和兄弟姐妹们在香港度过了一段相当快乐、豪奢的童年时光,锦衣玉食、别墅专车,不知人间疾苦。如果当年父亲何世光没有参与到那一趟股票投资,或许她和九哥的人生就会是另一番际遇了。

尽管两人爱得火热,但在那个大清律例还没在香港废除的保守年代,女子离婚几乎是不可能的事。加之家中长辈渐渐察觉到此事,对他们施加的压力也越来越大,1955年,何鸿章在百般无奈和绝望中,同意家族的安排,迎娶了英国女子余安妮为妻。

之后,英熙朝思梦想的导演,也来到了餐馆。两人在酒桌上对谈,聊起了彼此的伤痛。长时间积压的情绪一时之间全都涌了出来。

她明知道是这个结果,却还是傻傻地等待,在陌生的环境里,面对着异乡的风景,这种想念和落寞更加地剧烈。

再强调一次,如果没有稳定的经济力和社会地位就不会产生不伦,更何况恋爱和结婚这种事在当今的日本也并不简单。所以可以说,不伦其实应该是结了婚的人才能够享受的最高级的奢侈。当然,这仅仅是引发报道后所想到的客观现实,对当事人而言,这是无法简单言说的事,毕竟各有各的情况吧。

これもまた大石静が書いたドラマなのだが、美容整形を題材にした『クレオパトラな女たち』(日本テレビ系)という作品は、美容整形を中心とした様々なタブーを打ち破っていく豪快な作品だったのだが、最後の最後で主人公が不倫をすることになった時に、とたんに古い倫理観が全面に打ち出された古風な物語に様変わりしてしまったのが妙に印象的だった。あのドラマを見た時、どれだけ経済的に自立した強気で自由な女性を描いていても、不倫の重たさは、むしろ昔より強まっているのではないかと感じた。

面向男性的情色系作品,从女性偶像的写真集到熟女系AV作品应有尽有,在这些作品中,所有的性欲望只要稍有需求就能很简单地弄出作品去欣赏。与此相比,面向女性的情色作品市场尽管近10年有了极大拓展,但相较而言(作品)数量还是很少,正因如此,这种欲望便借以故事的形式被描绘出来。

整部片子,始终充斥着淡淡的烟草和海浪的味道,看者不知不觉被这种情绪所感染。从她眉眼里的忧郁,夹着香烟的手指,在屋前清唱的嗓音,躺在海滩上冰冷的身躯,品味着爱情所带来的孤独、困顿,还有深深的刺痛。

而对于养育她成人的另一位父亲麦志伟,麦慧玉也是真心爱戴,说他为人挺好,至少肯倾听自己说话,所以她牺牲了10年青春留在美国陪伴他,只是最为痛心的是他最终死在赌台上。

目前,日本的综合电视节目和周刊杂志中,将名人的不伦事件作为头条报道的景象已成盛况,以不伦为题材的电视剧作品也在增多。

不久后,何婉琪因为拖欠一名刘姓商人1200万港币被告上法庭,背后的原因仍旧是因为她的儿子麦舜铭,传闻麦舜铭投资失误并嗜赌,欠下了很多的债务。

权利逐步被削弱的何婉琪自是不甘这样被挤出澳娱,为保自身的利益,她准备将儿子麦舜铭安排入局,要求赌王将自己名下澳娱7.3%的股权转至麦舜铭名下,让他加入澳娱的董事局。不料,此举却成了她与赌王兄妹反目的导火线……

当然,各家的情况有所不同。但是日剧中所描绘的不伦故事,基本上都是把“将太太和孩子当做被害者”作为首要前提,而将这一点颠倒过来(当做故事主体)是很难的。此外,将“太太和孩子很可怜”这样的善意观点换个说法,可以说不伦剧点燃了人们希望对那些对家庭造成伤害的“不伦当事人”加以社会制裁这样的欲望。

男性向けのエロティックなコンテンツは女性アイドルのグラビアから熟女向けのアダルトビデオまで、あらゆる性的な欲望は、少し手を伸ばせば簡単に手に入る仕組みになっている。それに比べると女性向けエロティック作品の市場は、ここ10年ぐらいで大きく広がったものの、まだまだ数としては少なく、だからこそ、そういった欲望は物語の形を借りて描かれる。

《画都》已由青岛出版社出版,潍坊京广·尚悦各门店、桃园时光书店、天猫商城青岛出版社旗舰店、京东商城和当当商城飒尼图书专营店均有销售。

推荐理由:冲着这个卡司,冲着天海女王的颜值,就得跪着看完。更何况是《冰之世界》《沉睡的森林》等多部名作编剧野泽尚的作品。

这场drama再次将他们的恋情推往风口浪尖,传言两人已经在美国犹他州秘密结婚,引起韩国上下一片骂声。

十姑娘是不是诓第一任老公离婚不得而知,这冷不丁冒出来的第二任丈夫又是什么情况也无处可查。只是赌王姐妹众多,为何会偏偏选中十姑娘来协助自己打理赌场,还长达25年之久呢?何家的一位亲戚曾给出了答案:六姑娘好赌,不能碰赌场生意,八姑娘和十三姑娘则都是文人,钟意写诗作词。如此一来,天资聪颖、工作经验丰富,又最具犹太祖先经商天赋的十姑娘,便理所当然地成了最好人选。

须知余味正浓,才是恰到好处。况且你们该相信,本坑主自然还能挖其他更好看、更深的坑。

管理赌场这样三教九流的场所,单凭裙带关系肯定不行,十姑娘可是凭着实打实的铁腕和强硬作风,坐稳了自己的位置。

两个年轻人虽然爱得奋勇,毅然选择与家里人抗争到底,不肯妥协。怎奈寡不敌众,这段离经叛道的爱情,几年后还是以何鸿章被送去美国留学、何婉琪被嫁与他人而收场。

这些电视剧中描绘不伦的方式有着共通之处,那就是因为不伦是不能为人所知的秘密恋爱,所以可以作为戏剧性的故事来描绘。就像恋爱剧中恋人之间存在着障碍那般,不伦剧也非常精彩。反过来说,没有障碍的电视剧基本上无法出彩,而在“自由恋爱是理所当然”的时代下,(在电视剧中)创造障碍则更加困难。在这样的情况下,对于众人而言算得上是禁忌的就是“不伦”。

それが一番わかりやすく出ていたのが、主婦の孤独を描いた『昼顔』だったと言えよう。本作には、そもそも家族は本当にすばらしいのか?という問いかけすらも含まれていた。

此时何鸿章因为何东舜铭一些越权经营的行为和吊儿郎当的状态不满,父子关系转差,又一直很喜欢陈复生这个努力工作真心尊重自己的儿媳。于是老先生力撑儿媳,大骂何东舜铭抛妻弃子不负责任,还不让自己见何婉琪,害他担心十姑娘的健康。老爷子气急,甚至戏剧性地改口不认这个儿子,说自己又没验过DNA。何东舜铭恼羞成怒,直接就跑到法院控告何鸿章诽谤,并索赔六亿美元的精神补偿,何鸿章气得直接放话说,自己的身家宁愿捐给香港的穷人都不会留给他。

「これを不倫だと思いますか?それとも純愛だと思いますか――?」とは、去年放送の『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)のキャッチフレーズだが、どれだけ世間から見たら、間違ったことに見えても、当事者にはそうせざる負えない切実な理由があるのだろう。

また、よくあるのは夫婦のどちらかが(大抵は夫)が先に浮気をしているというケースだ。そういった不幸が積もり積もって主人公が抑圧的な日常を送っていたある日、偶然出会った魅力的な異性にひかれていってしまう。という物語構造になっている。

剧情很简单,但它所揭露的日本潜在社会现象在当年的日本引起了轰动,平均收视13.9%,单集最高16.7%是近两年木10的最高收视了。

麦慧玉患有“原发性斜颈”,药费每月要数千元,而患病的原因,却又是与她的父母相关。 某日,何鸿章无意提起:“十姑娘说你和何鸿燊合伙整她。”麦慧玉在家激愤地哭了足足6小时,颈项因此落下病根,就歪掉了。

一見円満に見える家庭にもさまざまな問題があり、そこから抜け出す唯一の希望として不倫は描かれているのだ。だから不倫相手は、ドラマでは息苦しい家族から救い出してくれる究極の恋愛相手となり、逆に現実では、家族を破壊しようとする悪となる。その意味で不倫ドラマは家庭を否定するアンチホームドラマだと言える。

繰り返しになるが、安定した経済力と社会的地位がなければ不倫はおろか、恋愛や結婚ですら今の日本では簡単ではないのだ。だから不倫は、結婚できた人間のみが味わえる最高の贅沢だと言える。もちろん、それはあくまで記事になった時に浮かび上がる客観的な現実であり、当事者には、簡単に語ることができないそれぞれの事情があるのだろう。

かつて、AKB48の人気アイドルで、今は女優として活躍する前田敦子が主演を務めた『毒島ゆり子のせきらら日記』にしても、男性ファンの欲望に応えるというよりは性的な場面では男性に対して強者であろうとして複数の男性と恋愛をしていたヒロインが、妻子持ちの男に引っかかってしまう滑稽だが哀しい姿が描かれており、女性視聴者の共感を呼ぼうとする作りとなっていた。

もちろん、それぞれの家族の事情は別々だ。しかし、そこで描かれる不倫劇の多くは奥さんと子どもを被害者とみることが一番の前提にあり、それをひっくり返すことは難しい。そして、奥さんと子どもが可愛そうという善意が反転して、家族を傷付けた不倫の当事者に社会的制裁を加えたいという欲望に火がつけられる。

几十年并肩作战的亲兄妹,就为这枕边人争权夺利和不肖子女的孽债反目了……豪门大战,一触即发。